医療レーザー脱毛の効果

MENU

医療レーザー脱毛で使われる光は「医療レーザー光」です。これは、当初はシミやホクロ、アザなどのレーザー治療を目的として開発された技術で、いずれもメラニン色素に対して照射することによって解消させるものです。

 

その技術を応用することで、毛根部のメラニン色素によく反応させられるようなレーザー光を研究し、レーザー脱毛器が開発されたのです。

 

このレーザー光は皮膚のメラニン色素にも反応しますが、刺激が弱く正常な肌にはダメージを与えませんので、日焼けさえしていなければ、敏感肌やニキビ肌・アトピー性皮膚炎などのトラブルを抱えている人でも、脱毛施術を受けられるようになったことが画期的でした。

リスクはかなり軽減された

当初開発が進んだ外国では、東洋人に比べてメラニン色素の少ない白人が施術を受けていたためレーザーの肌への刺激はかなり少なかったのでしょうが、東洋人はそれに比べると若干色素が濃いため、技術や機器の輸入が進む中で、日本人の肌向けのレーザー光を照射できるように進化も遂げました。

 

そのため、今では日本で使われているレーザー脱毛機器のレーザー光は日本人用に調整されているものばかりです。以前は、欧米人向けの機器をそのまま使ったことから肌トラブルに発展する場合もありましたが、今はそのリスクはかなり軽減されたということです。

 

このレーザーをムダ毛部分に照射することで、毛根と毛乳頭のメラニン色素にレーザーからのエネルギーが吸収され熱で毛根と毛母細胞という部分を破壊します。毛が生える仕組みというのは、この毛母細胞が生きている限りはそこから生えてくる状態ですからムダ毛を二度と生やさない為には、毛母細胞を死滅させることが必要なのです。

 

どの脱毛技術においてもこの部分は共通しているでしょう。そして、レーザーや電気脱毛ではより確実に毛母細胞を破壊できるため、永久脱毛が可能なのです。