人気のイオン脱毛の特徴

MENU

イオン脱毛は光脱毛の一種

脱毛の方法には何種類かありますが、その中で光脱毛と呼ばれている脱毛の方法があります。これは、毛の生えている部分に光を照射して毛根の付近をその発生する熱で壊すことにより脱毛するという方法です。

 

この脱毛方法は、比較的安全性が高く、施術する側にとっても容易であることから、エステサロンなどでは主流となっています。イオン脱毛は、基本的に光脱毛のことです。ただし、詳しいことは公開していないようではっきりしませんが、光脱毛の施術の前後に、肌に対して何かしら施すようです。

 

ひとつは、弱い電流を肌の表面に流すことによって、肌の表面の細胞に電位差(電気が流れるような状態)を生じさせて、肌を活性化させるというものです。

 

もう一つは、その成分はいまひとつ明らかではありませんが、ミネラル分を含む溶液を染み込ませた布などで肌をぬぐうことで肌に潤いを与えるというものです。

 

これらと共に、光脱毛では普通に行われているジェルを塗ることにより、脱毛時の痛みの軽減、肌へのダメージの軽減と、肌の美容を兼ねているものをイオン脱毛と呼んでいます。

ホルミシス効果がある

話は変わりますが、ラドン温泉やラジウム温泉では、微弱な放射線が出ています。この微弱な放射線を体にあびることで一時的に体に抵抗力がつくといわれていますが、このことをホルミシス効果(ホルミシス仮説)と呼びます。

 

イオン脱毛で行われている事の中には、このホルミシス効果を期待してのものがあるようです。

 

また、イオンで肌をきれいにすると銘打った化粧品などの成分をみてみますと、中にラジウム、トリウム等の放射性物質ではないかと思われるものが含まれています。

 

これも、ホルミシス効果を狙ったもののようです。ホルミシス効果自体は、あくまでも仮説であって、その限界や副作用についてはわからないことが多いので、安易に放射性物質を体に塗るという行為は特に若い女性にはすすめられません。